雷って幻想的だよね?

宗教:C#、ラノベ好きの戯言です。

VMとVisualStudioでAndroidでバグ環境の共存

VisualStudioターゲットバージョン:2017 15.7.3
Installerは適当に必要そうなのを選ぶ(APIなどは必要な環境に依存するため)

【基本】

メニューバーにツールがあるのでその中のAndroidを選択し、適当に利用想定環境を作る(OSのバージョンとかしかいじってない)

次にデバッグを実行するとエミュレータが起動し、その後配置できませんでしたのエラーになるけど無視して、再度デバッグを実行すると成功する
→以下の対応をすると、エラーにならずに実行できる
IntelのCPUを利用していること

Intel HAXM をインストールしていること
つまり以下の設定をする

【設定】

Hyper-Vを切る
 ・コマンドプロンプトで以下を行う
  ・bcdedit /set hypervisorlaunchtype off
Windowsの機能
 ・Hyper-Vのチェックを外す
 ・Windows ハイパーバーザー プラットフォームをインストールする

### エラー対応

hax module version 3 requires minimum version 4

Intelのハードウェアアクセラレーションのバージョンが低いと以下のエラーが出る

対応:
・Hardware_Accelerated_Execution_Manager
 のフォルダを探す
・intelhaxm-android.exe
 を実行しバージョンを上げる


雑記
これに気づいて設定するのに、4時間かかった(気づくまでが3時間以上)
同様でお困りの方が居ましたらご参考までに
あと、Androidの8.0のデバッグ環境がすごく起動が速かった。ヤバイ。

検索用の文言
VM
VMWare
Hyper-V
Android
共存
VisualStudio
開発
デバッグ