雷って幻想的だよね?

宗教:C++のラノベ好きの戯言です。

用語などのメモ



http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc440190(v=VS.71).aspx

より(MSDNなので、内容はVC/VC++と思われます)



ポーリング:

 連携度差の際、全てに対し要求がないかを調査すること



例外回復方法:

1:再開型例外
例外が生成されたところから実行を継続

2:終了型例外例外が処理されたところで実行を継続(異常終了)



C言語の過去の形式<name.h><cname>のように頭にcを付けて表現するように変更された。

また、名前空間stdである。



C ライブラリ ヘッダ <stdlib.h> は 2 つのプログラム停止関数、abort と exit を提供

・abort

  ランタイム診断+プログラム自己破壊(コンパイラの実装に影響を受ける)

・exit

  ファイルを閉じ、ステータスを戻す。atexitを使い、インストールされたハンドラを逆順に呼び出し、

  処理するらしい (よく分かってない(;゜ロ゜)

・atexit

  プログラムが終了したときに必ず実行される関数を指定できる



診断ツール!<assert.h> で定義されている assertマクロの一般的定義(未確認)




#if defined NDEBUG
#define assert(condition) ((void) 0)
#else
#define assert(condition) \
_assert((condition), #condition, __FILE__, __LINE__)
#endif

NDEBUG マクロが定義されていると無効になる



イベント管理パッケージ 標準ヘッダ ファイル <signal.h>

・raise と signal 関数、sig_atomic_t 型、そして名前が SIG で始まるシグナル イベント マクロを宣言



スレッドセーフ

  マルチな環境で実行されても問題なく実行できること



以上第一部

長いなぁ〜(ぉぃ